お知らせ

雪室そばと花見祭りの開催について(8/24〜9/1)

西和賀の蕎麦の名店5店舗が参加する「雪室そばと花見祭り」が、8月24日(土)〜9月1日(日)まで開催致します。
「雪室そば」は文字通り、雪で室(むろ)を作ってその中に保管したそばを指します。豪雪地帯の西和賀町では、雪を冷却源として農産物を保存する施設(雪室施設)を整備し、特産である花きのりんどうや百合の貯蔵施設として利用しています。雪室は花きだけでなく「そば」を長期保存するのに適しており、特に劣化が進みやすい夏場は、高い湿度を保ったまま低温貯蔵することで乾燥を防ぎ、そばの色や風味を保つことが出来ます。
豪雪の町「西和賀」だからできるこだわりの「雪室そば」をどうぞご賞味下さい。

※チラシはコチラからダウンロードできます。

ページ上部へ戻る