ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2019/1/16放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2019/1/16放送分)は、「西和賀まるごど食ってみでけろ隊』隊長の増岡幸樹さんと事務局の山本学さんが出演し、昨年10月に西和賀で開催された『岩手の1次産業の若い担い手が自慢の農林水産物と最高品質の木炭を持ち寄り、消費者と一緒にバーベキューをしながら岩手の未来を熱く語る会』というイベントのお話させてさせて頂きました。
【水越アナ】いつもは「道の駅錦秋湖」の店長さんとしてご登場いただいてますが、今日は「西和賀まるごど食ってみでけろ隊』隊長としておいでいただきました増岡幸樹さんと、事務局の山本学さんです。増岡さん、山本さん、本年もよろしくお願いたします。
【増岡さんこちらこそよろしくお願いいたします。
【山本さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】さて今日は、昨年10月に西和賀で開催されたイベントのお話しなそうですが
【増岡さん】はい。お二人は、タイトルがちょっと長いんですが、『岩手の1次産業の若い担い手が自慢の農林水産物と最高品質の木炭を持ち寄り、消費者と一緒にバーベキューをしながら岩手の未来を熱く語る会』というイベントを覚えていらっしゃいますか。
【水越アナ】はい。あの企画は、本当にいい企画でしたし、ここでも準備段階で2回、実施後に1回お話をしていただいたのでよく覚えています。
【浅見アナ】確か、GIマークを取得した品質日本一と言われる岩手木炭のイケメン生産者にもおいでいただき、森林や木炭への熱い思いを語ってもらいましたよね。
【増岡さんはい。ここには、お二人からイケメン生産者というお墨付きをいただいた九戸村の七戸くんと、軽米町の於本くんに登場してもらいましたが、実はあの後、岩手木炭の認知度が一気に上がり、注文数も、特に於本くんはかなり増えているそうなんです。
【水越アナ】へぇぇそれは良かったですねぇ。
【山本さんはい。於本くんの話では、木炭の注文は5月から10月が多く、11月からは減少するそうなんですが、昨年は、11月12月も注文が多く、「ふるさと納税」の注文もかなり増えているそうです。
【増岡さんその理由を於本くんは、「この番組で岩手木炭の話しをさせてもらったり、10月のイベントの成功がいろんな所で話題になっているおかげです」と言っていますが、確かにそれは岩手木炭の素晴らしさを知ってもらうきっかけにはなったと思いますが、注文が増えた一番の理由は、岩手の木炭生産者の思いやこだわり、技術力の高さに興味を持った人達が、そういう生産者が作った木炭を使ってみたいと注文してくれているからだと思います。
【浅見アナ】なるほどねぇ。でも、それは木炭だけじゃなく、お米でも野菜でもお肉でも、生産者に興味をもてば、注文して食べてみたくなりますからね。
【水越アナ】なりますなります。でも、そういう情報を得られる機会はありそうでなかなかないですから、生産者の思いやこだわりを、自慢の農産物を最高品質の木炭で焼き、食べながら聞けたことは、参加した皆さんにとってすごい刺激だったんだと思います。
【浅見アナ】そしてそれが、いつの間にかいろんな場所で話題になっている。いいですねぇ。こういう情報の伝わり方は、とてもいいと思います。
【増岡さんはい、私もそう思います。そこで、実は今日、消費者という立場で参加してくださった花巻在住の女性からいただいたお手紙を、本人の許可を得て持ってきたんですが、正にそういう内容が書いてあるんです。お伝えしたい部分を、抜粋して読ませていただきたいと思います。
【水越アナ】はい、お願いします。
【増岡さん】では、読みます。「私は、日常田んぼや畑を目にする場所で生まれ育ちましたが、イベントに参加するまでは、正直、生産者の皆さんと交流したいと思ったことはありませんでした。でも、今回お誘いがあり、生産者の皆さんと交流をしてみたら、食べてもお話をしても驚きと感動の連続で本当に楽しかったですし、いい意味で価値観も大きく変わりました。そして、こういう機会はもっと作るべき、いや作らないともったいないと思いました。また、同じ岩手県で生きる者同士、枠を越えてもっと分かり合い、力を合わせるべきだとも思いました。私は花巻で暮らしていますが、今年はスタッフとして頑張りますので継続開催をお願いします」という内容なんですが、他にも同じような内容のメールやお手紙をいただいていますので、今年は生産者も間口を広げ、より美味しい、より楽しい、より未来に希望が持てる集いにしたいと思っています。
【山本さんそこで、間口を広げる為にも、まずは実行委員会名を『西和賀まるごど食ってみでけろ隊』から『岩手まるごど食ってみでけろ隊』に変更したいと思います。すでに、三陸のある漁協の理事さんから、「理事会でイベントの話しをしたら、“うちの若い衆も参加させたい”という声が多かったので今年はお世話になると思います」という連絡をいただいていますが、今年は漁業・水産業の若い担い手にも参加してもらう予定ですので更に楽しくなると思います。また、実行委員も町内・町外を問わず広く募集をしたいと思いますが、詳しい内容が決まるのは5月中旬だと思いますので、お待ちいただきたいと思います。
【増岡さん】いずれ詳しいことが決まりましたら、この番組でもご紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】なんかワクワクしますね。楽しみに待っています。でも増岡さんは、「道の駅錦秋湖」の店長さんですから、今年は大変なんじゃないですか。
【増岡さん】はい。それは多分、前回の放送で当社の藤原常務が言った、4つの道の駅が.コラボする「道の駅連携」のことをおっしゃっていると思うんですが、確かにプレッシャーはありますが、過去の取組で“繋がり可能性が広がる喜び”を知っていますのでワクワク感のほうが大きいです。「道の駅連携」も、どうかご期待いただきたいと思います。

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントは、プリン4個セット(カスタード、ごま、キャラメル、生チョコ)を3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る