ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2019/2/6放送分)

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2019/2/6放送分)は、西和賀商工会・主任の高橋由紀子さんが出演し、『雪あかり2019inにしわが』のメイン会場で販売されます「雪の華~ユキノハナ~」というお弁当をご紹介させて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、西和賀商工会・主任の高橋由紀子さんです。高橋さん、よろしくお願いします。
【高橋さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】前回は、2月9日、今週の土曜日に開催されます西和賀の人気イベント『雪あかり2019inにしわが』のご案内をしていただきましたが、今回は、そのメイン会場で販売されます「雪の華~ユキノハナ~」というお弁当のご紹介をしていただきます。そのお弁当、スタジオにもご用意いただきましたが、西和賀高校の生徒さんが考案したそうですね。
【高橋さん】はい。実は西和賀高校では、平成21年から、地元の食材を使用した料理レシピコンテストを開催しているんですが、それが10回という節目をむかえましたので、今回その記念に、グランプリを受賞したお料理を詰め合わせたお弁当「雪の華」を製作させていただきました。そこで今日は、まずはお二人にご召し上がっていただきたいと思い持って参りましたので、よろしくお願いします。
【水越アナ】ありがとうございます。喜んで頂戴しますが、この西和賀高校の料理コンテストは、何がきっかけで始まったんですか。
【高橋さん】はい。西和賀町は、皆さんご存じのように、人口減少で岩手で最初に消滅する町と言われていますが、町内唯一の高校である県立西和賀高等学校も、年々入学者が減少し、存続が危ぶまれています。そこで平成21年、危機感を抱いた商工会女性部が、高校の魅力向上・若者の地域定着・郷土愛の醸成を目的に、西和賀高校と連携して始めたのが、「西高、地産地消チャレンジグランプリ」という料理レシピコンテストなんです。毎年、特産品の一つをテーマにした料理を考案し、文化祭の来場者の試食・投票でグランプリを決めるんですが、グランプリを受賞したレシピは町の飲食店のメニューとして提供さ、西和賀の魅力発信の一助になっています。
【浅見アナ】そうですか。これって、高校生にとっては、生まれ育った西和賀に興味を持ったり、地域資源の魅力を知るいいきっかけになりますよね。
【高橋さん】はい、そう思います。それから、商工会女性部さんや産業公社さんと一緒に料理を開発することも、そのプロセスでいろいろな気づき、発見があって楽しいようです。今回のお弁当は、グランプリ受賞レシピを基に産業公社の相沢調理部長に製作してもらいましたが、製作過程で味、盛付、器、全てに高校生の要望や意見を入れていただきましたし、かけ紙の絵柄も生徒にデサインしてもらいました。空から舞い降りる雪と、雪あかりのほんのりした明るさをイメージして描いたそうですが、まずはかけ紙をご覧いただいてから、どうぞお召し上がりください。
【水越アナいいですねぇ。器は、高級観がある外側が真っ白、内側が黒の真四角の容器で、内側が均等に9等分に仕切られています。そこに9種類のお料理が入っていますが、どれもが美味しそうですね。
【浅見アナ】ほんとですね。色もきれいで9種類の花が咲いたようですね。
【高橋さん】はい。だから生徒達は「雪の華」というネーミングにしたようです。
【浅見アナ】なるほどねぇ。では、さっそくいただきたいと思いますが、ラジオをお聞きの皆様のために、簡単にお料理のご紹介をしていただけますか。
【高橋さん】はい。この「雪の華」には、グランプリ受賞レシピの中から9種類のお料理を詰めさせていただきましたが、まずこれが、「ふるさとまるごと“まめでら丼”」です。西和賀では元気でいることを「まめでら」と言いますが、キノコや山菜のかき揚げをオニギリに乗せ、滋養があるスッポンの餡と手作り塩をかけました。次にこちらが、西わらびと西和賀そばとキノコとスシ飯を合わせた「西わらびとキノコの蕎麦稲荷」、こちらが、わらび入りの平たいタコ焼き「わらびinタコ焼きfrom西和賀」、こちらが、地元の名品・源助どうふを使用した「山菜入りキノコ餡かけの揚げ出し豆腐」、あぁそして・・こちらが山菜とひき肉の相性がピッタシの「西和賀の幸」、こちらが、山菜を西和賀産の枝豆でずんだ合えにした「西和賀の山菜合え」、こちらが山菜を韓国の料理ナムルにしてピリ辛にした「韓国風・西和賀山菜オールスターズ」です。そして、あと2品、これはどちらもデザートですが、こちらが西和賀の草原をイメージしホウレン草を使用して作った「草原のナチュラルクリームチーズケーキ」、こちらが湯田牛乳と湯田プリンと地元養蜂場のハチミツを使用した「スイートプリンポテト」です。説明が長くなりましたが、どれもが食材にこだわった自信の一品ですので、どうぞお召し上がりください。
【水越アナ】はい、いただきます。
【浅見アナ】いやぁ本当に美味しかった。これなら大好評間違いなしです。
【高橋さん】ありがとうございます。
【浅見アナ】では、この10周年記念のお弁当「雪の華」は、いつ、どこで、どうすれば食べられるのでしょうか。教えてください。
【高橋さん】はい。今日ご紹介しましたお弁当「雪の華」は、2月9日、今週の土曜日に西和賀で開催されます『雪あかり2019inにしわが』のメイン会場、ほっとゆだ駅前にあります「ゆめプラザ」で販売いたします。価格は1,000円ですが、全てが思いと手間をかけたお料理ですので、申し訳ありませんが、限定200個とさせていただきます。当日は、お料理は産業公社調理部にお願いしますが、その詰め合わせや対面販売は、西和賀高校の生徒が行いますので、どうかよろしくお願いいたします。

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントは、garaギリシャヨーグルトプレーン400g1個と西和賀産はちみつ小瓶1本をセットにして3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る