ブログ

沢内大野地区で新商品開発しました

大野地区では、今、営農組合で生産されている「えごま」と「大豆」を使った「エゴマもち」と「みそ生キャラメル」の商品開発に取り組んでいます。昨夜は雪あかりイベントを活用した交流会が開催され、その中で新商品が振る舞われました。現在は各イベントやインターネットでの販売を目指すとのこと。お店などでの販売が待ち遠しいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る