ブログ

【IBCラジオ】ゴクッとしあわせ湯田牛乳(2019/5/14放送分)

※radikoのタイムフリー機能で今回の番組を再生される場合は、コチラをクリックしてください。
(注)岩手県外で聴取される場合は、有料の『radiko.jpプレミアム』の登録が必要です。

IBCラジオ「ゴクッとしあわせ湯田牛乳」(2019/5/14放送分)は、㈱西和賀産業公社・店舗事業課長の高橋昌幸さんが出演し、「道の駅連携」のお話をさせて頂きました。
【水越アナ】今日のゲストは、㈱西和賀産業公社・店舗事業課長の高橋昌幸さんです。高橋さん、よろしくお願いします。
【高橋さんよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】さて今日は、いま産業公社さんが力を入れて取組んでいる「道の駅連携」のお話をしていただきますが、今週末から大きな動きがあるようですね。
【高橋さん】はい。「道の駅連携」は、西和賀町の『道の駅錦秋湖』、花巻市の『道の駅とうわ』、遠野市の『道の駅遠野風の丘』が、地域の未来を拓く為にいろいろ協働していこうという取組みなんですが、『道の駅とうわ』さんがリニューアルオープンする5月18日、今週の土曜から、西和賀、花巻、遠野が誇る特産品を揃えた「絶対おすすめ!自慢の特産品コーナー」を設置しますので、ぜひご利用いただきたいと思います。
【水越アナ】いいですねぇ。西和賀も花巻も遠野も、魅力的な商品が沢山ありますからね。その商品を、3カ所どこでも買えるってのは嬉しいですよね。
【高橋さん】はい。だからこそ私達は、お客様に自信を持ってお勧めできる商品を厳選し、その魅力が伝わる方法で販売したいと思っています。実は、『道の駅とうわ』さんの店内改装は、今回の特産品コーナーを設置するための改装ですし、『遠野風の丘』さんも、「お客様の期待に絶対応えます」と張り切っています。18日・土曜日と19日・日曜日は、『道の駅とうわ』さんのリニューアルオープンを応援しに当社のキッチンカーも出店し、湯田ソフトクリームを通常価格の50円引きでご提供しますし、同じ敷地内にあります東和温泉の入浴料も50円引きになりますので、どうか皆様、ご利用いただきたいと思います。


【浅見アナ】はい、わかりました。でも、道の駅がここまで連携するって、ありそうでなかなかないんじゃないですか。何がきっかけで、こういう話になったんですか?
【高橋さんはい。『道の駅とうわ』さんと『道の駅遠野風の丘』さんとは、以前から情報交換・意見交換をしているんですが、昨年12月に『道の駅とうわ』さんから、「釜石自動車道の開通はとても喜ばしいことですが、道の駅にとっては、今までの主要道路・国道283号の交通量が減少し、東和を素通りする人が増えるんじゃないかという不安があります。過去に秋田自動車道の開通で集客が減少した経験を持つ錦秋湖さんから、何かアドバイスをもらえませんか」というお話があったんです。そしたら、遠野さんからも「それはぜひ聞きたいです」ということになったんですが、それが最初のきっかけだったと思います。
【水越アナ】なるほど。確かに『道の駅錦秋湖』さんは、そういう経験を乗り越えていますから、いろいろ聞いてみたいですよね。それで、どんなアドバイスをしたんですか。
【高橋さんはい。たいしたアドバイスではないんですが、「国道283号の交通量が減少するなら、今まで以上に“立ち寄ってみたい”と思える、立ち寄った方が“また来たい”と思える魅力ある道の駅にするしかないし、そういう危機感がいろいろなアイデアを生み出し、私達を成長させてくれる」というお話をしました。それから『道の駅錦秋湖』は、秋田自動車道のインターから離れているけど、『とうわ』さんと『遠野風の丘』さんは、釜石自動車道のインターから近いので、魅力あふれる道の駅にすれば、逆にお客様を増やすチャンスだというお話もさせてもらいました。
【浅見アナ】なるほど。確かにインターに近ければ、魅力がなければ素通りしますけど、魅力があれば「ちょっと寄ってみよう」って気になりますもんね。
【高橋さん】はい。そこで、お客様の目線で「魅力ある道の駅の要素」を考えてみたんですが、そこで出てきたのが、「まずはお客様に絶対喜んでいただける、西和賀、花巻、遠野の特産品を厳選し、その魅力が伝わるPR・販売を力を合わせてやってみないか」ということだったんです。
【水越アナ】あぁそれが、今回の「絶対おすすめ!自慢の特産品コーナー」なんですね。
【高橋さん】はい。そしてそれは、「地域の魅力発信基地である道の駅を活用し、地域の未来を拓こう」という共通目標を持っている者同士だからできるということも確認し合ったんですが、正直、やる気だけではできないことも多々あります。18日・土曜日からスタートします「自慢の特産品コーナー」も、今後発展させる為には、お客様の忌憚ない感想、ご意見・アドバイスが必要です。どんなに厳しいお言葉でもけっこうですのでよろしくお願いいたします。
【浅見アナ】はい。でも、これはうまくいくんじゃないですか。特に、「道の駅を活用して地域の未来を拓く」という共通目標があることは、とてもいいことだと思います。
【水越アナ】ですよねぇ。そういう共通目標があれば、いろんなチャレンジができるし、可能性も広げられるんじゃないですか。
【高橋さん】はい。実は「道の駅連携会議」の中でも、スタートは特産品のPR・販売だけれど、観光や地域イベントの分野、それぞれの地域自慢の食材を使った加工食品の開発などでも協働していこうという話になっています。正直、これからまだまだいろんな課題が出てくると思いますし、試行錯誤で前に進むしかないと思いますが、まずは私達がワクワクしながらいろんなチャレンジをしていきますの、どうかご期待いただきたいと思います。

【今週のプレゼント】
今週のプレゼントは、「道の駅とうわ」に隣接する東和温泉の入浴券二枚を3名様にプレゼント致します。

関連記事

ページ上部へ戻る